読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samansa59’s blog

訪問看護の仕事の中で感じたことなど自由に書いていきます。

心に残る患者さん

40才代、肝臓がん末期で腹水著明、歩行もやっとの状態で退院された。

家では、認知症で記憶障害のある姑、夫の3人暮らし。控えめで礼儀正しい患者さんであった。痛みをがまんする傾向にあったため、ペインスケール評価や夜間の睡眠状況、日常生活えの影響などいろいろな角度からアセスメント行い、オピオイドの調整をしながらの在宅療養であった。

つらい状況にも関わらず、姑が来室するとゆっくり起き上がり「お母さん、おはようございます。」とあいさつをする。腹水穿刺のため短期間入院して帰宅した時には「お母さん、留守にしていてすみませんでした」と声かけする。

認知症が進行しているため、患者さんの声掛けに姑は反応することもなかったが、最期まで、姑を尊重するその態度に変わりはなかった。

腹水がたまり、少し動くだけでも呼吸苦が出現し、食事も喉を通らない日が続き、つらくえらい時でも、姑に同じ態度で接することができる心の強さ、謙虚さ・・・

常に感謝の気持ちを忘れない。

看護師という立場より、人間としてこの患者さんを尊敬する。

いつまでも、心に残る患者さんの一人である。