読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samansa59’s blog

訪問看護の仕事の中で感じたことなど自由に書いていきます。

在宅は医師で決まる

 70歳男性Kさん。糖尿病、脳梗塞、神経因性膀胱でほぼ寝たきり状態。

認知症の周辺症状である妄想、暴言・暴行行為が激しかった。

バイタルサインを測ろうとすると、暴言とともに看護師に殴りかかる、枕を投げる

妻が静止しようと手を握ると、妻の腕を思いっきりつねる。妻の両腕は内出血痕で真っ

黒になっていた。医師が往診すれば、先生に向かって唾を吐いた。精神症状を鎮めるた

めに薬の処方を医師に依頼しても、「性格だから、仕方ない。あんなんでは、何もでき

ん」と言われる。入院での症状コントロールをお願いしても、医師は必要ないという。

Kさんは、好き嫌いが激しく、ごはんは食べず、菓子やジュースしか飲まない。夜中中

騒ぎ、家族中眠れない日も出始めた。

暴力行為がエスカレートすると、妻はKさんの手を縛るようになった。

在宅介護の限界だった。往診している医師が高齢で、この患者の症状を上手くコントロールで

きていなかったし、まずご家族と患者さんの立場にたって、なんとかしようと考えない

医師であった。唾を何回か吐かれたことで、内心良く思っていなかったのかもしれな

い。妻に入院して症状コントロールしては?と持ちかけたが「恥ずかしくて入院なんかできな

い」と言われ、打開さくがみつからず、同居する長男さんに話をした。長男が母親を説

得。長男から在宅医にお願いしてもらった。医師は不服そうな態度をしめしたが、病院

に紹介状を書いてくれた。入院し精査するとともに、精神科医師の介入で暴力行為がな

くなった。結局、高血糖、電解質バランス異常などもあり、症状が悪化していたのであ

る。

長男の判断で、退院後は別の医師に往診を依頼された。看護師のケアも、暴言はある

程度みられるが、殴られることはなくなった。その医師は、看護師の話を良く聞いて下

さる。自分が考えていることを伝えて下さり、普段の看護師の報告も丁寧に聞いて下さ

った。

家族の医師への信頼度があがり、医師・看護師間も協働体制が整った。

在宅はチームで支えないといけない。チーム(家族も含め)間の連携と信頼(お互いを

尊重する姿勢)が不可欠である。

在宅は医師で決まるといっても過言ではない。