読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samansa59’s blog

訪問看護の仕事の中で感じたことなど自由に書いていきます。

定年

病院の退院カンファレンスの時に友人である師長から「私、今月いっぱいで定年なの。3月27日が最後の勤務」と耳打ちされた。 「え?定年?」とても見た目が若いので、まだまだそんな時期とは思わなかった。

昨日27日、本当は花束でも持って会いに行きたかったけれど、仕事に追われ電話したのが18時すぎだった。「会いにいけなかったけどごめんね、今までお疲れ様でした」「いいよ、電話ありがとう。この病院で25年働いた。頑張ったでしょ?もういいよねー」「本当に頑張ったよね。褒めてあげてね自分を・・・しばらくゆっくりするの?」「2週間後に違う病院勤務するようになってる」「えー、もっとゆっくりしたら?自分にもっとご褒美あげてよ」「今でも十分自分にご褒美与えているから・・2週間も休めばいいよ」「それより、あなたも無理しないでね」

この師長とは古い間柄である。そんなに会う機会はないのだけれど、久しぶりにあってもどこか相通するものがある。

帰宅してもう一度メールした。<定年、お疲れ様!これからも健康に気をつけて頑張ってね> <看護の世界に全身全霊をかけ、どっぷりつかった人生だったと思います。これからは、ゆっくり進みます><今度、お茶しましょ><了解>

職業がら、話の内容は簡単明瞭で余分なことばは一切ない。でも、これで十分理解し合えるから不思議だ。 私も定年まで2年半。訪問看護の集大成をするべく、着々と頑張るのみ。

2年半・・・私のエンジンは持つだろうか・・・・・